専業主婦で借りる事は現在困難になってきました

今すぐお金が必要な時は即日融資に対応している消費者金融を利用するのが一般的ですが、総量規制の対象になっている金融業者なので誰でも利用する事が出来るわけではありません。

 

 

総量規制は無理な借り入れをして返済が困難になる事を防ぐための規制で、年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。


それにより消費者金融は安定した収入がある人でないと利用する事が出来ません。消費者金融は総量規制の対象になっていますが、20歳以上で安定した収入があれば基本的に利用する事が出来ます。

 

 

しかし専業主婦の場合は収入がない状態なので総量規制の対象となっている消費者金融を利用する事が出来ません。


専業主婦がお金を借りる時は基本的に総量規制対象外の銀行カードローンを利用する事になりますが、近年の自己破産者の増加によりる金融庁の規制で、専業主婦の申込める銀行カードローンは皆無になってしまいました。

 

消費者金融は総量規制により基本専業主婦申込不可能ですが、法律的には一応条件によっては専業主婦の利用が可能になっています。

 

 

専業主婦が消費者金融を利用するには、貸金業法の配偶者貸付の制度を利用する事になります。


配偶者貸付とは配偶者の夫の収入を夫婦の収入として合算して計算する制度で、利用すると専業主婦も安定した収入があると判断されて消費者金融を利用する事が出来ます。

 

しかし大手の消費者金融は配偶者貸付を受け付けていないので、専業主婦は中小で配偶者貸付を受け付けている消費者金融を利用する事になりますが、

 

 

この配偶者貸付を利用するには、

  • 配偶者の同意書
  • 婚姻関係を示す書類(住民票など)

両方が必要となり、旦那さんに内相で申し込む事ができない為、利用する方は皆無です。


中小で配偶者貸付を受け付けている消費者金融は大手の消費者金融に比べてサービス面で物足りない部分があるので、お金を借りる時は返済計画を立てておく事が大切になってきます。

 

専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用して消費者金融に申し込む時はまず必要書類を準備する必要があります。消費者金融を利用する時は本人確認書類と収入証明書が必要書類となりますが、専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用する時は住民票や婚姻届受理証明書など配偶者との婚姻関係を証明する書類と配偶者である夫の同意書も必要書類になるので準備しなければいけません。

 

消費者金融を通常通り利用する時より必要書類が多いので早めに準備する必要があります。専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用して消費者金融に申し込みをすると基本的には審査が即日回答されて即日融資を受ける事が出来ます。

 

審査は最短30分で回答されますが、専業主婦が配偶者貸付の貸付の制度を利用して申し込みをした時は通常の時より審査が慎重になるので少し時間がかかってしまう可能性があります。限度額は基本的に収入に見合った金額が設定されるので配偶者である夫の収入に見合った金額が設定されますが、専業主婦が利用するという事で低く設定されてしまう可能性もあります。

 

多額の借り入れをするのは難しいのでしっかり頭に入れておく必要があります。また適用される金利は上限金利になる事がほとんどなので高く設定されている事もしっかり頭に入れておく必要があります。金利が高く設定されているとお金を借りた時に加算される利息も多くなるので必要な分だけ借りてなるべく早めに返済する事が大切になってきます。

パート・アルバイトなどの安定収入があれば消費者金融でも借りれる

借入枠が制限された専業主婦向けの銀行のカードローンで審査が通るのならそれに越したことはないのですが、

 

 

  • 銀行のカードローンで希望の借入枠がもらえなかった
  • 消費者金融の魅力のあるサービスを利用したい
  • 学生のアルバイトなので銀行のカードローンの専業主婦枠で申込できない

と言う方にはパート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能な消費者金融がおすすめです。アコム・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスともにメガバンクのローンの保証会社を担っているので審査能力には定評があります

 

また、アコムにはクレジットカードの審査が通らなくて困っている方のお助けカード『アコムマスターカード』がありますし、プロミスには初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)という銀行のカードローンにはないサービスも取り揃えているので上記の条件に当てはまってしまっている方はアコム・プロミスがお勧めですよ。

学生・主婦でもパート・アルバイト等で安定収入があるのなら申込可能な消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

  • WEB完結も対応可能で誰にもバレずに申込める!
  • 月々の支払は1,000円からと小額
  • パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能
  • 三井住友銀行カードローン他の保証会社
  • 初回30日無利息サービス(要メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)あり
  • レディースキャッシングあり
  • 即日振込⇒平日14:00までにオンライン契約完了で可能
  • 即日カード発行⇒オンライン契約完了後最寄の自動契約機で可能

※即日融資は審査結果によります。

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

  • パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン他の保証会社
  • 最大30日金利ゼロサービス
  • クレカ審査の最後の砦アコムマスターカードあり
  • 即日振込⇒平日14:00までにオンライン契約完了で可能
  • 即日カード発行⇒オンライン契約完了後最寄のむじんくんで可能

※即日融資は審査結果によります。

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

本当の専業主婦は節約しているのでここぞという時にカードローンを利用する

専業主婦のイメージとしては、楽そう、自由に時間が使えるとイメージされやすいと思います。実際に専業主婦をしてみて、自由に時間が使えることもあります。いつでも自由かと言われればそうではありません。はっきり言うと、

 

 

専業主婦は自分で時間を調節していかないといけません!


仕事のようには決まっていませんよね。もちろん楽しようと思えばいくらでも楽は出来ると思いますが、その分後から面倒がどんどん増えていきます。やはり自分で掃除や家事をある程度いつするのかなどを決めておかないと後から大変なことになります。

時間をコントロールできない専業主婦は大変!

なので自分で計画的にやれる人ではないと専業主婦をするのは辛いと思います。時間が自由かについては、特に家族が帰ってからは家族に合わせて動く必要も出てくるので家族を優先にしがちになります。

 

これは全然自由とは言いません。そして専業主婦だから楽だし、暇だろうと思われていますが、1日中することはいくらでもあります。特に小さい子を育児していると子供をずっと見ているので楽ではありません。

 

 

計画的に家事をこなさないと自分の時間もできない・・・


その中で家事などもするので余計に大変です。専業主婦だからと、家事も育児も掃除も全部して当たり前に思われて、助けてくれる人がいなかったりもします。もちろん専業主婦として大体のことはしますが、休みも欲しいものです。

休日や余暇を愉しむ時間のない専業主婦でも自由使えるお金は欲しい

でも休日でもすることはありますし、家事育児に休みはありません。楽だとは思えません。専業主婦は外でランチをしていると言いますが、私はしていません。そんなにランチをするものだとは思えません。

 

専業主婦なので、自分で作ったり、余りものを食べたりしています。節約もしないといけませんし、友達は仕事などでお昼に行くような人はいません。育児しているとヨガやエステに行く暇もありません。

 

 

本当はランチやエステにも行きたいのに・・・


それにそのお金を少しでも貯めようと思う人の方が多いと思います。旦那が頑張って働いている時にそんなことをしようとは思いません。お小遣いなどは生活費で余ったらお小遣いと言うことにしていますので、

 

 

いざという時は消費者金融か銀行カードローンを利用するしかないかも・・・


自分で自由に使えるお金もあまりありません。それは旦那のお金なので仕方ないと思っています。

主婦・学生の消費者金融に関するコラム

総量規制により主婦・学生はキャッシングしにくくなり、パート・アルバイトは年収の1/3迄しか借りられないことにより消費者金融での借入れが少なくなりました。そこにお助け的な存在なのが、

 

 

総量規制対象外の銀行のカードローン


ですよね。

 

年収の1/3を超える借入れの際にはもうおまとめローンしかないですね。当サイトでの申し込みナンバーワンのプロミスは今最もお勧めの消費者金融ですよ^^

 

前までは私は、子供ができても仕事をしていくつもりでした。でも、なかなか仕事をしながら子育てをするのも無理があるなと思ったので仕事は辞める事になったのです。

 

しかし、実際に仕事を辞めて専業主婦になった時に、大変なのが生活でした。

 

専業主婦になったら、やはりお金を無駄に使う事はできません。だから、ショッピングでもすごく我慢をしています。欲しいものは我慢をする事が多くなりました。

 

そして、食費や電気代までも節約をしなくてはいけないような状態にもなってしまい想像をしていたよりも大変だったのです。専業主婦をせずに仕事をしている人も最近ではたくさんいます。専業主婦が少なくなった理由もわかるような気がしました。

 

やはり、お金がかかる時代にもなってきていますから、専業主婦というのも無理な状態になってきているものなのかなと感じてしまいました。専業主婦になるのは子供にはいい事なのですが、生活はやはりきついものだなと感じます。

更新履歴