専業主婦でも複数契約は可能か?

現実的には難しい複数契約

専業主婦であっても、総量規制法の対象外である銀行のカードローンなら所有する事が出来ます。ただし、銀行のカードローンであってもそれが複数枚所有出来るかというと、実際は微妙なところです。

 

法律により専業主婦は複数のカードを所有出来ないと決められている訳ではないので、理屈では複数のカードローンを契約する事も可能だと言えます。ですが、現実的には申込み件数が多くなる程審査には不利となっていきます。

 

 

専業主婦だけに限った事ではなく、カードローンの審査では他社の借入件数が重要なポイントとなっているのです。


これは多重債務を防ぐ為でもあり、また業者側の貸し倒れリスクを防ぐためでもあります。また、複数のカードローンに短期に申込みを行ってしまうと申込みブラックとして信用情報機関に登録されてしまう事があります。

 

申込み情報は、信用情報機関に半年間保有される事になるので情報が抹消されるまでの間、カードローンの審査に通過しにくくなってしまうのです。また、もしカードローンの審査に通過した後で契約をキャンセルしてしまった場合でも、

 

 

その申込み情報はちきんと記録されるので次回からの申込みに不利となる事は否定出来ません。特にキャンセルをした場合の罰則はありません


が、業者側にとっては決して良い印象にはなりません。例え、半年が経過して同じカードローンへ再度申込みを行っても、社内ブラックとなっていて同じカードローンは二度と契約出来ない恐れもあります。

 

過去にキャンセル履歴がなく、同時の申込みではない場合でも収入のない専業主婦ではせいぜい2社との契約が限度だと言われています。ただ審査の結果によっては、複数の契約が出来ない事も十分に考えられると覚えておきましょう。