専業主婦が借りれる金額はどれくらい?

借りれる額は申し込む条件で変わる!

■専業主婦でも利用できるカードローン専業主婦ということは収入がありませんから利用できるカードローンは限定されます。

 

そもそも総量規制によって年収の3分の1までしか借入ができない事になっています。そのため総量規制の対象外となる配偶者貸付を利用することになります。この配偶者貸付に対応している業者を探す必要があるわけです。

 

 

この他に銀行での借入には総量規制が適応されませんから、銀行のカードローンを利用するといった方法も考えられます。


どちらの方法をとるにしても対応してくれる業者は僅かです。大手の消費者金融などでは基本的に本人に収入がない場合はなかなか借りる事ができないようです。パートなどでも収入があれば借りられる業者は多くなります。

 

■借りられる金額について基本的には配偶者の同意があり配偶者貸付を行う場合は配偶者の年収の3分の1までが借入の上限金になる。

 

更に各業者ごとの審査によって貸付金の回収が無理なく行える範囲で上限金が設定されます。そもそも配偶者貸付の場合は配偶者の同意が必要なため隠れて借金を行うことは難しいのですが、この他に50万円を超える借入の場合は収入証明書が必要になってきます。

 

 

配偶者に内緒でキャッシング利用ができるのは50万円未満と考えて良いでしょう。


■夫が既にキャッシング利用をしていたら配偶者貸付を利用する場合は配偶者の収入と合算して上限金が設定されるわけですが、借入金についても合算して計算します。

 

年収300万円の場合の借入上限は100万円ですから、夫婦合計で100万円までしか借入できません。既に配偶者が借入をしている場合はそれだけ借入できる金額が低くなるというわけです。