家族にばれない利用方法について

上手くやればばれない方法とは?

主婦でも急にお金が必要なことはありますよね。生活費を必要額以上渡されないのにどうしても欲しい物がある、パチンコで大負けしてしまった等、家族には言えない種類のお金もあるでしょう。

 

主婦の場合そういった時に利用できるカードローンは銀行系のカードローンになります。消費者金融系のカードローンは総量規制法という法律が出来てから、収入の無い主婦は利用が出来なくなりました。

 

ただ主婦でもパートやアルバイトで安定した収入があればその限りではなく、消費者金融系でも利用出来る可能性は高まります。しかし収入の無い主婦の場合は総量規制法に該当しない、銀行系のカードローンのみ利用可能になります。

 

 

こちらは本人の身分証明とご主人の年収を記入するだけで審査が終了します。


申込の際に気をつけたいのは、出来るだけ郵便物が自宅に届かないような方法を取ることです。銀行からの郵便物はカードローンとは分からないようになっていますが、万が一開封されてしまうと困りますよね。ですから申込の段階で可能な限りその状況を避けましょう。

 

 

カードの受取りはweb・電話申込でも店頭や店頭にある無人のBOXでの受取りを明細書はweb明細書を選択しましょう。


連絡先の電話番号も自宅ではなく、個人の携帯電話番号にしておく必要があります。自宅の場合でも個人名で連絡があるので、慌てずに対応するよう心がけてください。カードローンの影響が住宅ローンを組む際に影響しないか、心配する人もいるようです。

 

 

しかしご主人名義のみで住宅ローンを組む場合は問題ありません。


共同名義でローンを組む場合やローンの連帯保証人になる場合は、妻の資産状況も調査されるのでカードローンのことは銀行側には分かります。ただそれがご主人に伝わることはあり得ません。

 

しかし返済が滞っていたりする場合、その影響で審査に落ちてしまう可能性はあります。不安ならば残金を返済し、カードローンを解約しておくことをお薦めします。