クレジットカードによるキャッシングって?

ショッピング枠とキャッシング枠の違いって?

クレジットカードは、手持ちのお金が無い時の買い物に便利です。また利用費用の支払い方法は、多数用意されており、気軽に大きな買い物ができるようになりました。クレジットカードの新規契約時には、

 

 

ショッピング枠とキャッシング枠をいくらにするかと必ず確認されます。その額に基づき与信が通りはじめてカード発行がされるわけです。


身の丈に合わない枠を設定すれば、カード発行は拒否されますが、通常では、最少額の枠を設定し、発行させようとしてきます。通常では、ショッピングとキャッシングを合わせて20〜30万円程度です。

 

主婦の場合は、ご主人の収入や在社年数など複数項目から与信されるわけです。さてカード発行され手元に届いたあと、

 

 

利用する段階になり、カード所有者はあれこれ考えます。


どんなときにカードを使おうか?クレジットカードを複数枚持っている人ならこの買物にはどのカードを使ったほうが良いのか?利用費用の返済には、どのカードが一番楽か?総額が少なく済むか?など判断に悩む部分です。

 

うまく使うことでメリットが大きいのは、ショッピング枠と一緒にクレジットカードに付いているキャッシング枠です。この枠の利用方法は、とても簡単で、銀行のATM、コンビニのATMなどどこででも、24時間現金を引き出すことが出来ます。

 

支払いは、ショッピングの金額と一緒に銀行から引き落とされるので、全く手間がかかりません。たいていのクレジットカードでは、毎月の支払額の増減を少なくし、ほとんど一定にするリボ払いという制度があります。

 

リボ払いを選択すれば限度額までは、利用した翌月の支払いが極端に大きくなり生活費を圧迫するようなことがありません。単なるカードローンとクレジットカードキャッシングは、支払い時に大きく異なります。

クレジットカードのキャッシング枠とカードローンの違いは?

クレジットカードは、生活パターンをほとんど変えずに大きな買い物や大きな出費が出来るわけですが、カードローンですとクレジットカードの支払に別途カードローンの支払いがプラスされ、利用した翌月からの支払額が急に大きくなります。

 

クレジットカードとうまく付き合うためにまず判断すべきことは、この大きな出費は、自分に本当に役立つことか?それは今か?将来か?ですが、これは人それぞれの価値観に基づきますので善悪を私が語ることは出来ません。

 

その支払いは、手持ちの現金からしたほうが良いのか?クレジットカード決済か?クレジットカードのキャッシングか?の判断は大事であり、それにより損得が大きく出てきます。クレジットカード決済にはポイントが付加されますので、

 

 

それを目当てに殆どの買い物をカード決済し、得を得ている人は多数います。


最近のカード会社は、カード限度額の設定が、キャッシング枠とショッピング枠を合算した総額の金額として設定できるカードも有ります。このような場合は、支払い時金銭状況を考え、慎重に判断する必要があります。

 

大きな損得が発生しますのでよく考えてから決済方法を判断することをおすすめします。手持ちの現金よりも、キャッシングしたお金で支払うほうが得策な場合もあるのです。大事なお金です。クレジットカードとうまく付き合うことで、

 

 

購入、生活、人付き合い、自分への投資、など勇気のある判断ができる


ようになり、それをきっかけに豊かな生活を築くこともできるのです。クレジットカードとうまく付き合うことで、不可能が可能になるのです。