専業主婦は消費者金融を何故利用できないのか?

専業主婦の場合消費者金融の利用が一切出来なくなっています。これは改正貸金業法が施行されたときに総量規制という規制が導入されたためです。この総量規制では年収の三分の一以上の貸付を禁止していますので、

 

 

専業主婦は消費者金融が利用できないって聞いたけど何故かしら?


簡単に言えば働いておらず収入が無い人は利用できないという規制にもなっているわけです。消費者金融を利用する場合に重要となる条件は、きちんと職についており安定した収入があること、返済に関して問題が生じる恐れが無いことが求められますので、

 

 

消費者金融が対象としているのは利用する本人に返済能力があるかどうかを重視してるからです。


専業主婦はその条件を満たしていないということになります。

与信のある主婦なら消費者金融の利用は可能

パートの仕事をしている主婦の場合は、仕事を持ち収入も確保できていますのでその収入の三分の一にあたる金額までは消費者金融での借り入れが可能になります。この点は専業主婦との大きな違いといえます。

 

 

どこも利用できないって事なの?


では専業主婦はどのカードローンも利用できないのかと言えば決してそんなわけではなく、貸金業法以外の法律で貸付を行っている銀行のカードローンに関しては、法律的には専業主婦の利用も可能となります。

 

 

専業主婦でも利用可能な銀行のカードローンなら申込むことはできます。


しかし中には収入が無ければだめな銀行や、初めから年収が200万円以上といったような条件を定めている銀行もありますので、そういった銀行のカードローンは専業主婦では利用できません。

 

 

できれば主人には知られたくないのよねぇ・・・


しかし、利用可能な銀行カードローンの中には、配偶者貸付のように配偶者の収入を与信に使用する必要が無い為、配偶者の同意書や配偶者への在籍確認などがない銀行のカードローンについては、内緒でカードローンの契約したい専業主婦にとって大きなメリットです。