専業主婦のカードローンの申込みの流れ

専業主婦がカードローンを申し込む場合、そもそも申込が出来るパターンが限られています。もし、あなたがパートなどで働いていて少しでも収入があるのなら消費者金融でも銀行でも借りることが可能なのですが、収入が全くないのなら「総量規制」という法律によって消費者金融でお金を借りることはほぼ不可能です。

専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンしかない

これは総量規制が年収の3分の1以上のお金を貸し出すことを禁止しているからです。ですので、収入が全くないという人であれば銀行から借りる手段が一番手っ取り早いです。これは、銀行は総量規制の対象外だからです。

総量規制対象外の銀行でも配偶者の同意が必要

上限額は低いですが、配偶者に安定した収入があれば受け付けて借り入れをしてくれるところはそれなりにあります。また、もし配偶者の同意を得て借り入れをすることが可能であるのなら「配偶者貸付」という借り入れを受けることも出来ます。

 

コレは本人に収入が無くても配偶者と合わせて年収の3分の1以下なら貸し出すというものです。業者は本当に限られていて大手の消費者金融では対応しているところは無いのですが、小規模なところなら何ヵ所かあります。

総量規制対象外の銀行でもいろいろ書類が必要

申込の際には婚姻関係の証明書・本人確認書類・配偶者の同意書・収入証明書といったものが必要となります。なお、申込の流れ自体は専業主婦の方であっても、普通に労働している人がカードローンを申し込む流れとほとんど変わりません。

 

女性専用のカードローンを利用するのも1つの方法ですが、スタッフが全員女性ということ以外に大きな違いはないので注意しましょう。

簡易な手続きで夫に内緒で申込めるキャッシングは?